主な取扱商品

だてまぐろ

だてまぐろ

新鮮、安全な生餌、国内屈指の良好な環境で育てられた本マグロ(クロマグロ)です。

だてまぐろの特徴

きめ細かな脂、まろやかなおいしさ

『だてまぐろ』は、きめ細かい脂ののり(脂があるがさっぱりしている)と、本マグロ特有の芳醇な香り、ねっとりとろけるような食感、そして、まろやかなコクと旨みを実現し、より天然に近い養殖本マグロです。

だてまぐろ だてまぐろ

良好な自然環境

『だてまぐろ』の生産地、愛媛県宇和島市は四国の南西に位置し、目前に広がる海は、黒潮の押し寄せる自然の恵み豊かな漁場です。沿岸はリアス式海岸で、この入り江を利用した、つくり育てる漁業が盛んに行われています。漁業養殖や真珠養殖の生産量、技術力は全国でもトップレベルです。宇和海は本マグロを育てるのに水温が適していて、水深もあり、潮通りが良いため養殖本マグロにとってはこれ以上無い良好な環境です。

良好な自然環境

国産の品質と安全

ヨコワ(本マグロの幼魚)は6月~8月頃徳島沖から宇和海に至る四国沖で、小型漁船の一本釣りによる方法と、対馬周辺で旋網による方法で漁獲した魚を傷付けないように泳がせて運びます。獲得したヨコワはだいたい15~20cmくらいの大きさで、そこから30ヶ月以上宇和海の生け簀で大切に育てられ、出荷する頃には1尾あたり平均60kg~80kgになります。健康状態等も毎日生け簀に潜り、直に本マグロを見て体調を管理しています。

国産の品質と安全

餌のこだわり生餌100%

餌は、マグロが小さいときはメロード、コナゴ、アジが主流で、大きくなればその口の大きさに合わせてサバ、オオナゴ、ウルメ、イワシ、サンマ、イカなど、一つの種類の生餌に偏らないように、できるだけ多くの種類の餌を与えるようにしています。

餌のこだわり生餌100%

釣り上げのこだわり

できるだけ新鮮な本マグロを食べて頂きたいという思いがあるので、ご注文を頂いてから釣り上げます。釣り上げ後は、本マグロが抵抗して身焼けをしないように、釣り上げから2分以内に、血抜き、神経〆、内蔵・エラ除去の活〆処理を素早く行い、芯温が5℃以下、15時間以上冷やし込み、一本ずつ入念にチェックした後、鮮度を落とさないよう細心の注意を払い、全国に出荷します。

釣り上げのこだわり

事業概略図

クロマグロ
魚類事業